2013年8月アーカイブ


薬剤師における語学留学も非常に増えており、又英語力をつけることは、薬剤師としての仕事の幅も広げられることにより、大いに勧められる事となり、『英語力』は、やはりそれだけ、薬剤師にとって重要なものであると考えます。

薬剤師として働く以上、薬学における専門性の他にも、英語力は、大変重要となり、薬剤師さん自身の薬剤師という仕事の幅を広げるためにも『英語力』は重要ですので、英語は、薬剤師さんには、必要である事は間違えありません。

もちろん、中には、今の私の職場には、英語力は必要ない、と感じておられる薬剤師さんもいるとは思いますが、薬剤師としての専門性をより高めるためには、この『英語』は重要で、必要不可欠とも言えますので、薬学部在学中にも、英語力をつける、という事は、お勧めです。

なぜ?ここまで、薬剤師=英語と言えるのか?といえば、そもそも最近の薬剤師求人における広告等をご覧いただけば、お分かり頂けると思いますが、その内容の求められる薬剤師には、『英語力』を求める企業、求人が多いからこそなのです。

中には、薬剤師資格&英語力を活かしたデスクワークの募集、これはつまり、医療文献の読解及び要約英語等というお仕事内容になりますが、やはりここでも 『英語力』が求められ、尚且つ英語力を活かした、安全性情報のお仕事というような求人も目立つ事から、どの求人における内容を見ても、殆どが、薬剤師資 格+αと言えるほど、『英語力』を求めています。

これには、外国製造の医薬品であるとか、医療機器等の薬事申請業務等には、申請書類のやり取りがすべて英語による応力を要する事となり、尚且つ外国製造者 との『英語』によるコミュニケーションが、必要となりますから、薬剤師+英語というのが、求められる事となり、だからこそ、薬剤師には、『英語』は、今 後、益々重要になるという事なのです。

そうした事から、最近の傾向として、薬剤師求人の内容も、薬剤師という資格の他にも、英語力という組み合わせによる、求人が非常に多く、薬剤師には、英語が必要であると考えられるのです。 そのため、薬剤師による語学留学等も最近は急増し、それにより、薬剤師という仕事における幅も広げられる事につながっているのです。

そもそも、日本社会全体を見ても、外国人が増えつつありますから、当然、薬局や病院でもその外国人の患者さんが来られる事も想定され、その場合、薬剤師と して適切なケアをするためにも、そうした日本語を母国語としない方々への英語力は当然必要となりえることは言うまでもありません。薬剤師と英語の関係に関しては詳しくはこちらもご参考下さい。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク